(一社)倫理研究所 家庭倫理の会熊本中央
〒860-0812熊本市中央区南熊本4−4−12 
TEL096-371-5946 FAX372-2023
家庭倫理の会とは? おはよう倫理塾 子育てセミナー こども倫理塾

子育てセミナー

 毎月一回高校生までの子供の保護者を対象に子育てセミナーを開いています。

講話の後グループに分かれて話し合いを持っています。秘密厳守で個々の相談にも応じています。

参加費は200円(資料代、保険代)です。会員は無料。 託児もあります。 

          

会場がウエルパルが使えませんので倫理会館で行っています

倫理会館 (家庭倫理の会熊本中央)地図

〒860-0812熊本市中央区南熊本4−4−12 
TEL096-371-5946 FAX372-2023

今回の講師は 樋口満子氏です。

ベテラン子育てお母さんです。

学校に行っていないお子様の保護者の方が聞かれても
子育てに役に立ちます。

皆様のお越しを心よりお待ちしています。
 


 


10/15落ち着きのない子供〜心配は毒ガス〜


5/10 出産〜その感動を永遠に〜

 

5月11日(土)ウェルパル熊本で子育てセミナーが開催された。テーマ「出産〜その感動を永遠に〜」、講師は草場由美子生活倫理相談士、参加者11名(内初参加1名)託児八名。

 「出産の感動」という子育ての原点に立つことが、子どもを育てる上で何よりも大切なことだ。

始めは赤の他人だった二人が結婚し、自然の偉大な力を借りて子どもを授かったという喜びを忘れてはいけない。  

子育ては、妊娠した時から始まり、胎内にいる十カ月間は子どもの性格を形作る大切な時期である。

妊娠は特別なことではないので、夫婦仲良く、普通に穏やかに生活していると、一番いい時に生まれてくる。 

「生まれて来てくれてありがとう」

と、親にならせていただいた時の感動を思うと、子どもを親の思うようにしたい、させたいというのは親のエゴで、どんな子どもであっても、「そのままでいい」と受け止めていくことが大切だ と話された。

   


9/12 子供の社会性の基盤は0〜3歳の母子関係にある

 

担当は 橋本多實子講師。対象 高校生までの両親で参加者15名、未会員5名

託児11名。

 内容は「親は子どもを授かって、先祖からつながってきた命を次につなげている。
子育ては3才までが感受性を育てる大切な時期で、子どもの心に生涯影響する。」
「子どもが真っ直ぐ育つには心に安心感を持たせること。『自分は親にとって大事に子だ。』という自己肯定感がもてるよう育てましょう」
スキンシップが大切です。抱っこしてあげてください。お母さんがしっかりと手をかけ、目をかけて育ててください。

というお話だった。

 その後、保護者は幼児、小学生、中高生の3グループに分かれ、育児の疑問を話し合った。各々のグループに相談士が助言した。

夫婦揃っての参加もあり、実生活に即した内容に、有意義な時間を過ごした


 

                                 HOMEへ

All Rights Reserved, Copyright kateirinrinokaikumamotoshi 2007-2009